26歳地方中級公務員受験記 地方中級公務員合格までの道のりをつづっています。
勉強法・面接対策もまとめています。

地方中級公務員TOP
地方中級受験資格
地方中級試験内容
地方中級試験出題科目
地方中級公務員の給料
地方中級公務員試験Q&A
地方中級向け問題集
地方中級過去問保管所
公務員予備校比較一覧
メール相談室
地方中級不合格体験記
地方中級合格体験記
地方中級勉強法
地方中級面接対策
管理人について



地方中級公務員試験の受験資格

地方中級試験は、どういった人が受験可能な条件にあてはまるのか、
まとめてみました。
各自治体で規定が違うものなのですが、
大体の目安にするには良いかと思います。

年齢について

「○年○月○日〜○年○月○日までに生まれたもの」
というように規定しているところが多いです。

具体的な年齢としては、
・19歳以上〜27歳未満、19歳以上〜25歳未満が、多いパターンです。
ほかには、21歳未満・22歳未満・23歳未満としているところもありますので、要確認!

学歴について

中級試験の位置づけとして、多くの自治体で、短大卒「程度」としています。
つまり、あくまで「程度」であるので、短大卒であることは必要ないということです。
よって、高卒でも、大卒でも、受けれられるということになります。

ただし、一部自治体では、「大学卒業(見込)者を除く」としているので注意しましょう。
(このケースだと、大卒の人は受けられないです。)
ほかにも、「短大卒業(見込)」であることを必要とするところもあるようです。
(このケースだと、短大卒か見込みの人でなければ受けられないです。)

資格について

中級試験は、一般行政の募集よりも、「学校事務」や、「警察事務」での募集を主に実施しているところが多いようです。この場合は、通常、特別な資格はいりません。
資格が必要な場合は、募集時に告知してあるので、そちらを確認してみましょう。
たとえば、看護士、栄養士、保育士といった募集は、資格が必要となる代表職種です。



Copyright© 2006 26歳地方中級公務員受験記 All rights reserved.