26歳地方中級公務員受験記 地方中級公務員合格までの道のりをつづっています。
勉強法・面接対策もまとめています。

地方中級公務員TOP
地方中級受験資格
地方中級試験内容
地方中級試験出題科目
地方中級公務員試験Q&A
地方中級向け問題集
地方中級過去問保管所
公務員予備校比較一覧
メール相談室
地方中級不合格体験記
地方中級合格体験記
地方中級勉強法
地方中級面接対策
管理人について



地方中級公務員試験 試験内容について

地方中級公務員試験は、地域によって試験内容にバラつきがあるのですが、大体の内容をまとめました。※内容が変わってしまうこともあります。
詳細は募集要項をご確認ください。(注:事務系試験の内容になります)


1次試験の内容

・教養試験

各地域必ず出題される。
群馬県・札幌市・神戸市は、選択回答制を導入しているようだ。

・専門試験

こちらも、大体が実施。
富山県・石川県・香川県・札幌市・大阪市・神戸市・北九州市では実施されない。

・論文試験

こちらも、大体が実施。
秋田県・富山県・石川県・札幌市・神戸市では論文試験ではなく、作文試験が実施される。
宮城県・群馬県・三重県・福岡県・沖縄県・札幌市・千葉市・神戸市・北九州市・福岡市では、論文(作文)試験を2次試験で実施している。

<ちょっと変わった試験方法を採用している自治体>
・教養試験記述式・・・三重県で実施。
・論述試験・・・神戸市の1次試験で実施。

2次試験の内容

・人物試験

主に個別面接。集団討論を課すところもある。

・適性検査

いわゆる性格検査のようなもの。
簡単な図形や計算問題を、通常15分で120題解いていく。
実施しているところと、していないところがある。

参考資料:中級地方公務員過去問題集 改訂2版 (公務員採用試験シリーズ 430) (公務員採用試験シリーズ 430)ほか自治体サイトの募集要項より。


Copyright© 2006 26歳地方中級公務員受験記 All rights reserved.