26歳地方中級公務員受験記 地方中級公務員合格までの道のりをつづっています。
勉強法・面接対策もまとめています。

地方中級公務員TOP
地方中級受験資格
地方中級試験内容
地方中級試験出題科目
地方中級公務員の給料
地方中級公務員試験Q&A
地方中級向け問題集
地方中級過去問保管所
公務員予備校比較一覧
メール相談室
地方中級不合格体験記
地方中級合格体験記
地方中級勉強法
憲法の勉強法
民法の勉強法
行政法の勉強法
経済原論の勉強法
政治学・行政学の勉強法
財政学・社会学ほか勉強法
>>一般知能の勉強法
一般知識の勉強法
時事の勉強法
地方中級面接対策
管理人について



一般知能の勉強法

公務員試験一般知能とは

公務員試験の一般知能は、「数的推理」「判断推理」「空間把握」「資料解釈」に分けられます。

私が通っていた予備校の先生は、「一般知能は数学ではない。算数ができれば誰でもできる。」と言っていました。しかし、なかなかそうはいかないものです。

一般知能の勉強のコツ

一般知能のポイントは、解法パターンを覚えることだと思います。

過去問を解いてみるとわかるのですが、出題パターンは大体決まっています。しかし、同じパターンが出題されたから解ける、という簡単なものではないことが、厄介なところです。

私自身は、知能的思考が苦手な方なので、時間をとったわりにはあまり身になりませんでした。それでも、パターンを覚えたことで、ある程度解けるようになったことは確かです。

不合格だった勉強法

通信講座の教材を使いました。
教材自体は悪くなかったと思います。
しかし、自分にとっては難しかったようで、解いていても達成感がなく、途中で挫折してしまいました。

合格した勉強法

一般知能の勉強に関しては、全て予備校に頼りました。
問題集は、予備校でもらったプリントしかやりませんでした。
プラス、模試で出題された問題しかやりませんでした。

つまり、私の勉強法は・・・ある程度、出題パターン・解法パターンを頭の中にインプットして、アウトプットは模試で・・・という方法です。「もうこれしかやらない!」と決めていたぶん、効率はよかったかと思います。

ただし、私の場合、模試を結構受けていたので、模試をあまり受けない方は、問題集や過去問などを利用する必要があるかと思います。
予備校に行くことができない方は、畑中敦子先生の著書 が役に立つと思います。

一般知識勉強法>>


Copyright© 2006 26歳地方中級公務員受験記 All rights reserved.