26歳地方中級公務員受験記 地方中級公務員合格までの道のりをつづっています。
勉強法・面接対策もまとめています。

地方中級公務員TOP
地方中級受験資格
地方中級試験内容
地方中級試験出題科目
地方中級公務員の給料
地方中級公務員試験Q&A
地方中級向け問題集
地方中級過去問保管所
公務員予備校比較一覧
メール相談室
地方中級不合格体験記
地方中級合格体験記
地方中級勉強法
憲法の勉強法
民法の勉強法
>>行政法の勉強法
経済原論の勉強法
政治学・行政学の勉強法
財政学・社会学ほか勉強法
一般知能の勉強法
一般知識の勉強法
時事の勉強法
地方中級面接対策
管理人について



行政法の勉強法

公務員試験行政法とは

よくいわれることですが、行政法とは、法の総称であり、行政法という名の法律はありません。

行政法は、普通は馴染みがないと思います。実際勉強してみても、あまり興味がわかないかもしれません。
しかし、取り組みやすい教科だと思います。

公務員試験に出る行政法は、さほど難しいものではないです。
きちんと勉強していれば、点がとれると思います。
ただし、難化傾向にあるので要注意です。

行政法の勉強のコツ

ポイントは過去問を解いていくことです。
条文の暗記も重要です。暗記で切れる選択肢も結構あります。

さらに、おまけ的な要素となりますが、行政法は重要だ!という意識を持つということもひとつのコツだと思います。

私は、「将来この科目が一番役に立つんだろうなぁ〜しっかりやっておかねば!」と考えつつ、勉強していました。

実際、公務員になると、就く部署にもよりますが、行政法の知識を使う場面は結構あります。そのように意識することで、記憶の定着がよくなるような気がしました。

不合格だった勉強法

行政法について、ノートにまとめながら勉強していたら、いつの間にか試験日になっていました。

どの教科にもいえることだと思いますが、ただノートにまとめただけでは、問題が解けるようにはなりません。まとめただけの時間が無駄になってしまったと思います。

合格した勉強法

行政法の基本は、予備校の授業でインプットしました。

予備校の先生が配布していたプリントをメインに勉強しました。
勉強した部分を、問題集で確認する・・・その繰り返しでした。

条文は結構引きました。よくみるものは、テキストから切り取ってすぐにみることができるような状態にしました。試験後の私のテキストはボロボロになってしまいました。

経済原論の勉強法>>


Copyright© 2006 26歳地方中級公務員受験記 All rights reserved.