26歳地方中級公務員受験記 地方中級公務員合格までの道のりをつづっています。
勉強法・面接対策もまとめています。

地方中級公務員TOP
地方中級受験資格
地方中級試験内容
地方中級試験出題科目
地方中級公務員の給料
地方中級公務員試験Q&A
地方中級向け問題集
地方中級過去問保管所
公務員予備校比較一覧
メール相談室
地方中級不合格体験記
地方中級合格体験記
1度目の公務員試験、不合格後(〜11月)
勉強再開への準備期間(11月)
公務員試験勉強法(12月〜3月)
>>仕事を退職(3月)
猛勉強状態突入(4月〜)
国U・地上試験(6月)
公務員試験勉強法(6月〜7月)
地方中級試験(7月)
地方中級勉強法
地方中級面接対策
管理人について



仕事を退職(3月)

勉強時間を増やすには

2度目の公務員試験勉強は、11月頃から始めました。
勉強していくにつれ、もっと勉強時間をとりたい!と思うようになりました。

これ以上勉強時間を増やすには、仕事を辞めるしかありません。
しかし、辞めてしまうのは、若干抵抗があります。
当然、金銭的な面でキツイです。

少ない給料を、予備校代に費やしていたこともあり、貯金なんてほとんどありませんでした。
幸い、実家暮らしの身であったので、食べていくことには困りませんでした。

ですが、お金を家に入れられなくなることは避けたいと思いました。受験生といっても、一応は社会人ですから・・・。大人になってまで、親にお金の負担はさせまい!というポリシーがあったので、たとえ仕事は辞めてもお金は入れ続けるつもりでいました。そうはいっても、無職で毎月5万の出費は正直キツイですけど。

さて、どうするのが一番よいのだろう?いろいろと考えました。

退職を決意

結局、仕事は辞めることに決めました。
合格することだけを考えることにしました。
思考を、合格前提に変えました。

不合格になったら、その後についてはその時に考えればいいと思いました。
ここで仕事を辞めなかったら後悔すると思いました。

やるなら、とことん全力でやってみよう!という覚悟のもと、
退職することを決意しました。
3月いっぱいで、仕事を辞めることになりました。

猛勉強状態(4月)>>


Copyright© 2006 26歳地方中級公務員受験記 All rights reserved.