26歳地方中級公務員受験記 地方中級公務員合格までの道のりをつづっています。
勉強法・面接対策もまとめています。

地方中級公務員TOP
地方中級受験資格
地方中級試験内容
地方中級試験出題科目
地方中級公務員の給料
地方中級公務員試験Q&A
地方中級向け問題集
地方中級過去問保管所
公務員予備校比較一覧
メール相談室
地方中級不合格体験記
地方中級合格体験記
地方中級勉強法
憲法の勉強法
民法の勉強法
行政法の勉強法
>>経済原論の勉強法
政治学・行政学の勉強法
財政学・社会学ほか勉強法
一般知能の勉強法
一般知識の勉強法
時事の勉強法
地方中級面接対策
管理人について


経済原論(ミクロとマクロ)の勉強法

公務員試験経済原論とは

経済原論は、ミクロとマクロにわかれています。
経済原論は初学者には辛い教科です。
専門科目のなかで、経済原論が一番嫌いだという受験生は多いのではないでしょうか。

しかし、この教科は公務員試験においてはとても重要な教科です。経済原論を押さえておくと、教養経済や財政学も難なく解けてしまいます。ですから、このハードルはクリアしなくてはならないでしょう。

経済原論の勉強のコツ

経済原論は、独学はなるべく避けることがポイントだと思います。

経済原論に関しては、初学の方は、予備校に通うことが一番効率がよいと思います。独学での理解は大変難しいです。予備校じゃなくとも、身近に教えてくれる人がいるのなら、その人に頼るということもよいと思います。しかし、なかなか見つからないのが普通ではないでしょうか。 

経済原論は難しい教科ですが、理解できるようになると、面白いほど問題が解けるようになります。私は、試験直前にやっとわかるようになりました。本番では、8割くらいは得点できたと思います。

私は数学が大の苦手で、表なんて全くよめない方だったのですが、そんな私でも得意な教科になったりするのです。ですから、やり方次第で、誰でもできるようになると思います。

不合格だった勉強法

勉強法というものでもないですが、経済原論の勉強に関して、無駄なことをしてしまったという経験があります。

私は最初、「ミクロを勉強するには微分積分ができなければだめ」ということを若干勘違いして捉え、微分積分の問題集を購入し、ひたすらその問題集に没頭していました。

これは、無駄でした。というのも、微分積分は、簡単な計算ができればよい話なので、意気込んでやる必要は全くなかったのです。

それでも不思議なもので、本試験の教養でちょっと難しい微積の問題が出題され、解くことができました。これは、この無駄と思われた勉強のおかげでした。こういったことがあると、無駄な勉強なんてないものだなぁ、と思ったりもするのですが。

しかし、早く合格したいのなら、できるだけ遠回りはせず、近道を選ぶ必要があります。微分積分を根本から勉強し直す!・・・なんてことは必要がないことだと思います。

合格した勉強法

一冊の書籍との出会いで、経済原論がかなり理解できるようになりました。

その書籍とは、石川先生の試験攻略 経済学入門塾です。
これはとてもわかりやすかったです。これを使って理解して、問題集を解いていきました。

私が経済原論ができるようになったのは、この書籍が大きく貢献しているので、経済原論が思うように理解できない方は、一度目を通してみるとよいかもしれません。

役に立った問題集

経済学入門塾

繰りかえしますが、私にとっては本当に合格に貢献したと思える参考書です。
もっと詳しく語らせてもらうと、私は石川先生の講義を受講する機会に恵まれ、受講もしていたんです。
講義の方は、もちろんわかりやすいものだったんですけど・・・
率直な感想としては、講義を受けなくても、参考書を読めば十分かも・・・といった感じです。
得意な人にとっては、今更・・・という内容かもしれません。
でも苦手な人にとっては、解説のわかりやすさに、感動してしまいます。

スーパー過去問ゼミ【ミクロ】

リンク先はミクロですが、マクロも同様に良著です。
というか、スーパー過去問ゼミのなかでは、一番わかりやすい本だと思いました。
ちなみに、私の経済原論攻略?の流れとしては・・・
予備校の授業よくわからず

スーパー過去問ゼミ使いなんとなく理解

経済学入門に出会い、かなり理解

スーパー過去問ゼミを繰り返す

試験日
・・・こんな感じでした。参考までに。

政治学行政学勉強法>>

公務員予備校比較一覧>>



Copyright© 2006 26歳地方中級公務員受験記 All rights reserved.